【モンハンワールド】ブログ小説㉓

冥灯龍ゼノ・ジーヴァ#48

確認されている古龍の調査を全て終え、帰還したハンター達は祝杯を上げる。宴の夜が盛大に盛り上がる中、大団長からの言伝で約束の地へと向かうハンターは一人拠点を後にする。周りを結晶に埋め尽くされた船着き場へ辿り着いたハンターは、出迎える大団長と竜人族のハンターに合流する。小船に乗り込むハンター達は、竜人族のハンターに導かれ、結晶が連なり生え、巨大な森の様に見える間に流れる小さな川を、漕いで奥地へと進んでいく。死した古龍は、瘴気の谷で分解され、地脈を通って蓄積し、結晶化する。そのエネルギーが集まる場所が、この結晶の地だという。だが、ここ数年、膨大なエネルギーの集まる兆候に、異変を感じ、竜人族のハンターは調査を続けていたと聞かされる。漕ぎ進み、陸地へと辿り着いた一行は、地脈を流れるエネルギーが収束する地へと足を踏み入れる。そこには、長年かけて結晶化した古龍の生体エネルギーが巨大な結晶を生み出していた。いくつも生え聳え立つ巨大な結晶の中心に、掲げられた繭の様な塊をハンター達は見上げる。それは、集まってくる膨大なエネルギーを吸収して育つ巨大な生物の様に大きく、静かに佇む。次の瞬間、繭の中から放たれた、いくつもの巨大な光の柱が周りに聳え立つ巨大な結晶を次々と破壊してゆく。迫ってくる光の柱に運悪く直撃してしまった竜人族のハンターは、弾き飛ばされた先の地面を転がり、それを見た大団長とハンターは、すぐさま駆け寄る。息はあるが気を失っている。早く手当てをしなければ。そう思った時、繭から顔を出した巨大な化け物は、頭部に付く無数の眼でハンター達を見下ろすと、地上に落下し、凄まじい地響きを立て、降り立つ。その姿に立ち向かおうとする大団長を引き止め、竜人族のハンターの事をお願いする。一瞬険しい表情を浮かばせる大団長だったが、快く引き受けてくれた。必ず戻ると約束し、竜人族のハンターを抱え、この地を後にする大団長に背を向け、巨大な怪物へと走り出す!その姿に放たれた大地を揺るがす凄まじい咆哮は、森の様に生え連なる巨大な結晶を共鳴させる!離れた先から押し寄せてくる激しい叫びを肌で感じながら、怯む事無く駆け抜けてくる姿に、大きな前脚を地面に付け、巨大な頭部をのけ反らせる怪物の姿に、底知れぬ危険を感じたハンターは、真横に走り出す!振り戻ってくる巨大な口からは先ほどとは比べ物にならない程の巨大な光の柱が、一瞬にして放出される!その姿を横目で捕らえながら全力で飛び込む様に跳躍した身体の傍らを、通り過ぎてゆく光の柱は直線上にある全ての物を一瞬にして呑み込んでゆく!周りには凄まじい爆風が押し寄せ、爆風を傍らで受けた身体は、勢いよく弾き飛ばされた先の地面を転がる。全身に走る痛みに耐えながら、光の柱が通った先に広がる光景を目にし、恐怖する!その直線状には何一つ残っておらず、光の通った地面には、どこまでも続く巨大な道が出来上がっている。奴をこの地から出してしまえば、この強大な力に、被害は計り知れない。果てしなく続く道に、ゾッとするハンターに、巨大な頭部がゆっくりと振り向く。地脈を流れる膨大なエネルギーが収束する地。生れ出た巨大な古龍の絶望的な力、勝算などない様なこの状況を前に、立ち上がるハンターは迷う事無く駆け出してゆく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です