【モンハンワールド】ブログ小説⑨

上位プケプケ#20

新大陸へと渡ったハンター達。各地の調査を進めるため、探索に向かったハンター達から次々と新しい情報が寄せられてくる。中には、おかしな情報もいくつかあり、今回は、その中の一つ、大蟻塚の荒地で毒妖鳥の姿を目撃したという。古代樹の森にしか生息していない毒妖鳥が何故荒地に?疑問を抱きながらも、荒地に降り立ったハンターは、毒妖鳥を探すため走り出す!荒地の森。その小さな森には所狭しと木々が生い茂り、様々な生物が息づく、この場所を好む大型のモンスターも少なくない。目撃情報があったのも、この辺りだ。川から上がってきたハンターも、森の中へ足を踏み入れていく。木漏れ日が差し込める中、落ち葉を踏み歩く音が歩みを進めてゆく。大きな茂みを搔き分けた先の視界に、周りの緑に溶け込む、ジロりとした大きな瞳と目が合う。探していた毒妖鳥だ。咆哮を上げると、茂みから出てきた侵入者に対し勢いよく駆け出してくる!その姿に、茂みから身を乗り出していたハンターは、もう一度茂みを搔き分け、前に歩いてきた場所へと戻る。それを追いかけ、勢いよく茂みに飛び込んできた毒妖鳥の頭が顔を覗かせる。それを待っていたと言わんばかりに、武器を構えていたハンターは、傍らに出て来た緑色の頭に向かって渾身の一撃を放つ!その衝撃をまともに受けた毒妖鳥だったが、怯まずこちらを睨み付けてきた。渾身の一撃に体勢を崩すと考えていたハンターは、堂々と佇む姿に、思わず息を吞む。次の瞬間、毒妖鳥の口から飛び出してきた大きな舌が、ハンターの身体に激しくぶつかる!その凄まじい衝撃にハンターは、後方に吹き飛ばされると同時に、全身を激しい痛みに襲われる!地面に激しくぶつかり、転がった先で、膝を付きながら何とか立ち上がるハンターは、今まで戦ってきた毒妖鳥とは桁違いの強さに驚き、額から汗がにじむ。涼しい顔でこちらを見ていた毒妖鳥が、また勢いよく駆け寄ってくる!身体を毒に蝕まれながらも、武器を持つ手に、力を入れたハンターは、駆け寄る毒妖鳥を寸前でかわすと、すぐに身体を翻し、武器の矛先を傍らに見える頭部に叩きつける!二度目の頭部に走る痛みに毒妖鳥は怯むが、すぐに体勢を立て直す。だが、ハンターは、わずかでも自分の攻撃が通用した事に対し、少し安心し、安全に立ち回るため距離を取る。離れていくハンターを視界に、毒妖鳥は怒りの咆哮を上げる!毒妖鳥を横目で見つめるハンターの、武器を握る手にも一層力が入る。荒地の小さな森。ハンターは、桁違いに強い毒妖鳥の怒りに触れ、猛攻撃を目の当たりにする。新大陸に脚を踏み入れたハンターの、新たな任務が始まる。

上位ボルボロス#21

新大陸の大蟻塚の荒地。再びこの地を訪れたハンターは、見慣れた痕跡を目にする。岩壁に付着した粘着質の泥。それと同じ性質の足跡が蟻塚のそびえ立つ、砂漠の方へ伸びてゆく。痕跡をたどると、やはりあのモンスターがいた。荒地に広がる開けた砂漠。凹凸の砂地に点々と立つ、蟻塚の一つを掘り起こす、岩の様にも見える硬い甲殻を持つ後ろ姿は、食事に夢中だ。その後ろ姿に懐かしさを感じながらも、武器を手に、走り出したハンターは、岩肌の様な後ろ脚目掛けて、重い一撃を放つ!その不意打ちに、頭飾りが、ゆっくりと起き上がり、こちらを振り向く。視界の先で距離を取りながら横目で見つめるハンターに向けて咆哮を上げるが、十分距離を取ったハンターに、その咆哮は届かない。土砂竜は頭飾りで地面を、すくい上げるように突進を始めると、その速度は徐々に増してゆく。勢いづいた突進は、避けようとしたハンターの身体をかすめ、通り過ぎて行く。かすめただけの衝撃だったが、その思いもしなかった威力に、身体ごと地面に叩きつけられ転がった先で、よろけながらも立ち上がる。もし、直撃していれば、ただでは済まされなかっただろう。焦る気持ちに、通り過ぎた先で、こちらを視界に捕らえながら、方向転換した土砂竜は、また突進を始める。勢いづいた突進に徐々に距離を詰められる。寸前まで迫った突進を横目に、砂地に飛び込む様に勢いよく跳躍したハンターの身体は、突進をギリギリでかわし、急には止まれない巨体は、進路の目の前にあった蟻塚にぶつかり、蟻塚は粉々に砕け散る。頭飾りはぶつかった衝撃に、よろけ、それを視界に捕らえたハンターは、武器を手に、一気に駆け出してゆく!そして、よろける後ろ脚に向けて渾身の一撃を放つ!その衝撃に耐え切れず、後ろ脚から横倒れになる巨体に重い一撃を浴びせる!だが、その衝撃に耐えた巨体は、立ち上がると、傍らに見えるハンターに怒りの咆哮を上げる!武器を振り下ろした反動に、間合いを取ることができなかったハンターは、咆哮をまともに受けてしまう!薄れた意識を取り戻しながら、広がってきたハンターの視界に、勢いづいた怒りの猛突進が目の前に来ていた!考える間もなく宙に投げ出されたハンター。…次に気が付いた時、視界に広がってきたのは、テントの天井だった。倒れた時運良く通りかかったアイルー達がここまで運んできてくれたのだ。天井を見上げながらハンターは、感じた。ちょっとした油断は、命取りになることを。大蟻塚の荒地。新大陸の恐ろしさをハンターは、改めて肌で感じるのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です