【モンハンワールド】ブログ小説⑥

風漂竜レイギエナ#14

珊瑚の並木が揺れる高所。美しい翼を持つ飛竜は、その翼を大きく広げ、身体に付く氷の結晶を散りばめながら、頂きから急降下していく。砂粒の様に細かい珊瑚の欠片が堆積する斜面。美しい翼を大きく広げ、ゆっくりと降りてきた風漂竜を、物影で待ち伏せていたハンターは、武器を手に、走り出す!斜面を滑り加速したハンターは、地面を蹴り、勢いよく跳躍する!空中で丸めた身体を軸に高速回転を始めた武器の矛先は、風漂竜の背中目掛けて連撃を放つ!突然の背中に走る衝撃に、慌てて飛び上がる風漂竜の背中に摑まるハンターは、飛び上がった背中にナイフを突き立てる!その痛みに振り落とそうと、もがく身体は珊瑚の壁に激しくぶつかり、珊瑚が大きな音を立て、崩れていく。その衝撃に振り落とされそうになりながらも、必死に耐え、刃物を背中に突き立てていく。幾度となく突き立てられる刃物に、背中の痛みは激痛に変わる!その痛みに体勢を崩し、地面に叩き付けられる風漂竜の傍らで、受け身を取り、走り出したハンターは、もがく頭部を目掛け、渾身の一撃を放つ!その凄まじい衝撃に、弱点の頭部を激痛が襲う!だが、ハンターは、この好機を逃さない!幾度となく繰り返される重い一撃に、ボロボロになりながらも、立ち上がった風漂竜は怒りの咆哮を上げる!その高鳴り声に怯むハンターを目の前に、風漂竜の身体は更なる冷気を帯び、やがて、その身体から生える氷の結晶は更に大きくなり、周りを取り巻く空気は凍えてゆく。ハンターは、その光景を前に、身体は凍え、吐く息は白く染まる。だが、額からは汗をにじませる。武器を握り締め、回り込む様に走り出したハンターを、鋭い眼光は逃さない!勢いよく地面を蹴り、宙返りした身体の回転で加速し、叩きつけられた長い尻尾は、ハンターの身体を力強く弾き飛ばす!その衝撃に耐え、立ち上がるハンターの身体を急激な寒さが襲う!その異変に自身の身体に目を向けると、身に付けている防具は氷の結晶が大量にこびり付き、冷気を放っていた。先ほど受けた風漂竜の凍てつく尻尾の一撃が、防具を一瞬で冷え固まらせた為だった。視線を戻すと、そこには空中に飛び上がり、大きく美しい翼を広げ、羽ばたく風漂竜の姿があった。次の瞬間、大きく羽ばたいた風漂竜から凍てつく氷の結晶が、ハンター目掛けて一斉に飛んでくる!回避行動を取ろうとするが、冷え切った防具に体温を急激に奪われたハンターは身体が思うように動かない!珊瑚が連なる斜面の高所で、風漂竜の凍てつく冷気が容赦なく襲い掛かる!

惨爪竜オドガロン#15

瘴気漂う奈落の底。獲物を求め彷徨う地獄の番犬は、薄暗い開けた場所を抜け、瘴気漂う中層部へと登って行く。その姿は返り血を浴びた様に全身を真っ赤に染め、大きく裂けた口から鋭く尖った牙が不規則に並び、脚から生える鋭く研ぎ澄まされた爪は二層に分かれ、標的にした者を一瞬で引き裂いてしまう。瘴気が支配する開けた通り道、無数の骨が散らばる場所に顔を出した地獄の番犬に先客のギルオス達が騒ぎ出す。そんな事はお構いなしの惨爪竜は、堂々とした態度で歩みを進める。その後ろ姿を目に武器を手に、走り出したハンター。後ろから近づいてくる聴き慣れない物音に振り向く血塗られた様に赤い頭部に渾身の一撃が放たれる!その衝撃に耐え、後方に力強く跳躍した惨爪竜に地面を詰めつくす様々な骨が音を立て飛び散ってゆく。地面に着地すると同時に鋭い眼光はハンターに向けられる。部外者に対し咆哮を上げた惨爪竜は、勢いよく駆け出すと素早い動きで一気に駆け寄り、その二層に分かれた鋭い爪で力強く引き裂く!ハンターはとっさに回避しようとするが、それよりも速く放たれた一撃はハンターの身体を激しく切り裂く!二層に分かれた鋭い爪に、切り刻まれる様な感覚と激しい痛みに襲われながら、後方に吹き飛ばされる!その衝撃に耐え、片膝を付きながら受け身を取るハンターの身体を異変が襲う!引き裂かれた傷口から流れ出す血が止まらないのだ。それを視界に駆け寄って来た惨爪竜は、鋭い爪で切り裂いてくる!その攻撃を何とか、かわすが大きく動いた身体から大量の血が噴き出す!その激痛に耐えながら、身体を翻したハンターは狙いを付け、頭部に武器の矛先を叩きつける!その衝撃に耐え切れず血塗られた様に赤く染まる頭部は、堆積した屍を飛び散らせながら、地面に横倒れる!すると、離れて威嚇していた群れが、横倒れになる地獄の番犬目掛けて勢いよく駆け寄り、一斉に襲い掛かる!惨爪竜と敵対関係にある彼らも、縄張りから邪魔者を排除したいのだ。その麻痺毒を持つ一斉攻撃に、惨爪竜の身体を麻痺毒が蝕んでいく。やがて麻痺毒は全身を廻り、惨爪竜は麻痺で身動きが取れなくなる。ハンターは身体に負傷を負いながらも、この好機に惨爪竜の頭部目掛けて渾身の一撃を放つ!引き裂かれた深い傷から大量の血を流しながらも、ハンターは攻撃の手を緩めない!全身の痺れが無くなるも、幾度となく繰り返された攻撃に、ふらつきながらも立ち上がった惨爪竜は怒りの咆哮を上げる!その咆哮に群れは足早に距離を取り、また威嚇を始める。大量に流れ出た血に体力を奪われてしまったハンターは動くことが出来ず、咆哮をまともに受け、大きく怯む。鋭い眼光は、その姿に狙いを付け、勢いよく飛びかかる!瘴気が漂い、屍で埋め尽くされた開けた通り道で、深い傷を負ったハンターの身体を瘴気が蝕む中、地獄の番犬の勢いづいた鋭い爪が襲い掛かる!

【モンハンワールド】ブログ小説⑤

痺賊竜ドスギルオス#12

瘴気の谷。瘴気に包まれる通り道には、大小様々な骨が、そこら中に散らばり、まるで死に場所を求め、集まったモンスター達の墓場の様だ。その瘴気が立ち込める中、群れを引き連れるモンスターの親玉は、少ない餌を求め徘徊する。その抵抗のない身体を、瘴気に蝕まれながらも、ハンターは、奥へと進んで行く。…しばらく進むと目の前に立ち込める瘴気の向こう側にギルオスの影が見えてきた。その影は、周りに見える影よりも一回り以上大きい。間違いない、ドスギルオスだ!その大きな影は、こちらに向かって、ゆっくりと進んできている。物影に隠れようと周りを見渡すが、身を隠す場所が見当たらない。このままでは群れと鉢合わせになってしまう。ならば方法はただ一つ!ハンターは、武器を握り締め、目の前の瘴気に向かって、勢いよく走り出す!身体を蝕まれながらも、瘴気の中を進んで行く。抜け出た先で黒く大きな頭が顔を出す!突然姿を見せたハンターに、周りの群れが騒ぎ出す、それよりも速く放たれた渾身の一撃は、黒く大きな頭に襲い掛かる!その凄まじい衝撃に痺賊竜は地面に激しく叩き付けられる!もがく痺賊竜に、周りの群れがハンターを取り囲むが、攻撃の手を緩めない!次々と襲い掛かってくるギルオス達をかわしながら、その頭部に重い一撃を浴びせていく!凄まじい衝撃に耐えながら、何とか起き上がった痺賊竜は、怒り、激しく威嚇する!武器を手に、群れの攻撃をかわしながら、回り込もうと動き始めたハンターに、狙いを付け、液の滴る大きく鋭い牙が、勢いよく襲い掛かる!その攻撃をかわそうと、回避行動に入るが、群れに阻まれてしまう。次の瞬間、勢いづいた大きく鋭い牙がハンターの身体を貫く!その凄まじい衝撃に後方に吹き飛ばされる。倒れたハンターは立ち上がろうとするが、全身が動かない!それも、そのはずだ。痺賊竜の牙を滴る、その液は、強力な麻痺毒!その鋭い牙をまともに受け、滴る液は、その傷口から体内をめぐり、全身を麻痺させる!痺賊竜は群れと共に、動く事が出来ないハンターを取り囲み、一斉に襲い掛かる!瘴気漂う屍の地。絶体絶命の中、痺賊竜達の猛反撃が始まる!

骨鎚竜ラドバルキン#13

瘴気に包まれる谷の上層部。色々な種類の屍が所狭しと散らばる開けた場所。甲虫カンタロスが骨の上をカサカサと音を立て歩き回る。上層部には、そういった開けた陸地が多い。そのエリアどうしを結ぶ大きな通路を、身体を丸め、転がりながら移動してくる巨大なモンスターは、開けた場所に降りてくると、身体に付く無数の骨をまき散らしながら、もの凄い音と地響きを立て、豪快に止まる。その衝撃に地面に散らばる無数の骨もあちこちに吹き飛ばされてゆく。ゆっくりと持ち上げられる大きな顎、全身を包む色々な種類の骨の数々は、硬く、自身の身を守る。その後ろ姿を視界に捕らえ、走り出したハンターは、斜面の多い、この地形を利用し、坂を滑り降りていく。武器を構え、滑り降りていく両脚に力を入れたハンターは、勢いよく跳躍した身体を丸め、空中で回転を始めた身体と外側の武器は速度が増してゆく。次の瞬間、高速回転する武器の矛先が、巨体の骨と激しくぶつかる!衝撃を受けた骨は、尻尾の先から胴体にかけて次々と砕かれてゆく!折れた骨がバラバラと音を立て地面に落ちていく光景を横目に、ハンターは着地すると同時に受け身を取り、斜面を駆け上がっていく。身体に付く骨の折れていく感覚にゆっくりと振り向く骨鎚竜の視界に、斜面を滑り降りてくるハンターの姿が映る。咆哮しようとする骨鎚竜よりも早く、跳躍し、空中で高速回転する武器の矛先は、骨鎚竜の頭部に激しい衝撃を与える!その衝撃に怯む巨体を容赦なく連撃が襲う!頭部から胴体にかけて放たれた連撃は、巨体に付く様々な骨を次々と砕き、骨鎚竜を包んでいた骨の半分近くが砕かれ、むき出しになった部分も、ちらほら顔を出す。怯む巨体の傍らで、たま受け身を取ったハンターは、むき出しになった黒い身体の一部に矛先を向け、一撃を放つ!普段は骨で覆っている部位でも、身体がむき出しになる今なら、確実にダメージを与えることが出来る!むき出しになった身体に衝撃が走り、一瞬怯むも、体勢を立て直した骨鎚竜は怒りの咆哮を上げる!その咆哮を傍らで受け、怯むハンターを横目に、骨鎚竜は屍の地面に潜りながら粘着質の身体をグルグルとかき回し始める。咆哮を受け、少しずつ意識を取り戻していくハンターの視界に、屍の地面から這い上がってくる骨鎚竜の姿が映る。這い上がって来た巨体には、頭から尻尾の先までびっしりと様々な骨が生え揃う。苦労して砕いてきた骨や、むき出しになった身体も包み込まれ、振り出しに戻されてしまう。武器を握り締め、走り出したハンターに狙いを付け、骨鎚竜は身体を丸め、勢いよく転がりだす!瘴気漂う谷の上層部。屍の散らばる開けた大地で、再び睨み合った両者は激しくぶつかり合う!