【モンハンワールド】ブログ小説⑧

幻獣キリン#18

珊瑚の並木が揺れる、高所の頂きから下界を見下ろす幻獣は、伝説に語り継がれる幻の存在。美しく、なびかせる鬣から覗く一本の雷角は生命の象徴。頂きを目指すハンターは、珊瑚が連なる険しく切り立った崖にしがみ付き力強く、よじ登ってゆく。登り切った視線の先に静かに佇む幻獣と向き合う。武器を構え、走り出したハンターを視界に幻獣も左右に跳躍しながら前方に駆け出す。走り抜けて行く両者は、お互いを横目で確認する。走り抜けた先で、顔を振り向かせる幻獣は、視線の先のハンターに狙いを付ける。振り向くハンターも身体の向きを変え、距離の離された幻獣に向かって走り出す身体に、天から放たれた神の雷が襲い掛かる!その一撃は上空で閃光を放つと同時に、ハンターの身体を一瞬で貫き通す!その破壊力は強大で、凄まじい衝撃にハンターの全身に激痛が走り、周りの地面と共に激しく吹き飛ばされる!全身の痺れる様な激痛に耐え、立ち上がろうとするハンターの視界に、狙いを付け走り出した幻獣が迫ってくる!雷角が触れる寸前で、何とか、かわす事の出来たハンターは身体を翻し、傍らに見える角に向けて武器を力強く振った!その武器の矛先は幻獣の雷角を、かすり抜ける。直撃では無かったものの、弱点に、かすめられた衝撃に一瞬の隙が生まれる。素早く武器を持ち換えたハンターは傍らで怯む雷角に向け、もう一撃をお見舞いする!その衝撃に角が欠け、吹き飛んで行く!怯みながらも身体を翻した幻獣は、後方に立つハンター目掛けて後ろ蹴りを放つ!その思いがけない攻撃に避ける間もなくハンターの身体は宙を舞い、後方に吹き飛ばされる!地面とぶつかり倒れた先で再び起き上がったハンターの視界の先で帯電する幻獣は、青白い稲妻を身体にまとい、その瞳はハンターに向き合う。身の危険を感じながらもハンターは幻獣に向け、真っ直ぐ走り出す!その動きに合わせるかの様に幻獣も勢いよく駆け出す!迫ってきた幻獣に一撃を浴びせようと武器を構えるが、さらに増した、その速度に間に合わず、接触する身体は後方に吹き飛ばされる!地面を転がり、また立ち上がろうとする傍らで、青白く巨大な静電気を身体から、いくつも伸ばし始めた幻獣の姿が目に入ってきた。その帯状に広がった視界に確認できる程、巨大な静電気はやがて周りを取り囲む。珊瑚の並木が揺れる頂きで、逃げ場を失ったハンターに、神の裁きが下されようとしていた!

ゾラ・マグダラオス誘導作戦#19

前回の作戦の失敗により、今も歩みを進め続けている熔山龍は瘴気の谷を越え、地脈回廊を進んでいる。古代竜人の話では、このまま奴が進み続け地脈回廊の更に先、マグマが噴き出る大地で、生命が尽きれば大爆発が起こり、大陸はおろか、全世界が火の海に包まれてしまうという、そんな事になれば、この世界の生物ほぼ全てが生命の危機に侵されてしまう!失敗は許されない!支度を済ませた主人公達5期団は、総司令率いる調査団体と共に乗り込んだ船で拠点に到着する。今回の誘導作戦は、地脈回廊を進む熔山龍を進路の先にある、この拠点で撃退し進路を変えさせ、外海に逃がすというもの。ハンター達は、大まかに分けて背中に乗り込む部隊、外側から援護する部隊に別れ、行動する。いざとなれば総司令が用意してもらったという船の先端に付く巨大兵器、撃龍槍を放つという。作戦の再確認が終わる頃、地脈回廊を進む熔山龍が姿を現し出す。総司令の掛け声と共に、ハンター達は一斉に動き出す!翼竜に摑まり火山の様な背中に降り立ったハンターは、熔山龍が拠点にたどり着くまでの間に、少しでも弱らせる為、排熱器官を目指し、走り出す!岩肌からマグマが噴き出す悪路を進むと、巨大な岩の間から排熱器官が顔を出す。赤々とした排熱器官は時折、マグマを噴き出し、周囲を赤く染める。ハンターは、静まった時を見計らい器官を砕いてゆく。やがて器官は熱を排出する事を止め、黒々と染まってゆく。これで一つ目は完了だ。それを目に方向転換すると、目の前に切り立った様にそびえ立つ黒々とした溶岩の山が映る。それに、しがみ付くと力強く登り始める。噴き出すマグマをかわしながら、頂上まで登りきると、そこには、大きく口を開く巨大な穴の下に、爪の様に尖る赤々とした巨大な排熱器官が佇んでいた。静まった時を見計らい、その中に勢いよく飛び込んだハンターは、着地すると同時に受け身を取ると、赤々とした巨大な器官を砕いてゆく。飛び散ってくるマグマを振り払いながら、砕き切った排熱器官は、また黒々と染まる。武器をしまいながら、今回は順調に行きそうだ、と思った矢先、急に外が騒がしくなった。急いで崖を登り切ったハンターの視界に、またあの時の古龍が目に入ってきた!翼を大きく広げ、飛び回る古龍は外側から狙うバリスタ部隊を翻弄し、熔山龍の背中に急降下して行く。それを視界にハンターは、勢いよく走り出す!山を駆け下り、着地した先で、あの時の古龍と視線が向き合う!咆哮し、勢いよく駆け寄ってきた古龍は、腕の様な前脚をハンター目掛けて力強く地面に叩きつける!その勢いに腕の様な前脚に付く無数の棘が広範囲に飛び散る!ハンターは避けようとするが、勢いよく飛び散ってくる無数の棘を、かわせるはずもなく棘のいくつかが身体に突き刺さる!その痛みに耐えながら、回り込む様に走り出したハンターに、勢いよく駆け寄る古龍は、鋭い爪で力強く引っ掻いてきた!ハンターは身体を翻し、寸前で回避すると同時に武器を手に、古龍の懐に潜り込むと、顎の下からの顔を出す大きな角に向けて渾身の一撃を放つ!凄まじい衝撃に古龍は、うなり声を上げ、空へと飛び上がり、そのまま飛び去って行った。その後ろ姿を目に、ハンターは胸をなでおろすが、喜ぶのもつかの間、熔山龍が拠点に迫る!急ぎ、翼竜に摑まるとハンターは拠点へと向かう。飛び交うバリスタと砲撃に、びくともしない熔山龍。拠点に着地すると同時に、走り出したハンターも戦いに加わる!海に面した地脈回廊の最後の砦。失敗の許されない、世界の運命を賭けたハンター達の激しい死闘が幕を開ける!

【モンハンワールド】ブログ小説⑦

火竜リオレウス#16

古代樹の森。そびえ立つ巨木の高所、大空が見渡せる開けた陸地を寝床にする火竜は、赤い甲殻で身を包み、翼を広げ、大空を羽ばたくその姿は、【空の王者】とも呼ばれ、飛竜の代表的な存在とも言えるモンスターだ。巨木の高所へと向かうハンターは、大きな木の根が絡み合って出来た、高所へと続く斜面を登って行く。登り切った先で、ゆっくりと歩く空の王者と目が合ってしまう。見つめ合う両者、一瞬の静寂の後、火竜の咆哮が古代樹の森に響き渡る!開戦の合図だ!咆哮した火竜は、その翼を大きく広げ、羽ばたかせながら、ゆっくりと空に舞い上がる。その姿を視界に捕らえながら、武器を構え、回り込む様に走り出したハンターに向かって、火竜は薙ぎ払う様に前方広範囲に炎を吐き出す!突然の視界に入ってきた炎に慌てて体制を変え、寸前でかわしたハンターに生まれた一瞬の隙を、空の王者は見逃さなかった!目の前に吐かれた炎の奥から急激に迫ってくる大きな影は、炎を突き破り、鋭く尖った爪が目の前に現れる!ハンターは考える間もなく、かぎ爪の餌食となる!その鋭く尖った爪は身体を貫き飛ばし、後方に吹き飛ばされる!とっさに受け身を取り、立ち上がるハンターの身体を爪の毒が蝕む!その姿を静かに見つめる鋭い瞳。始まって間もない闘いの中、空中からの隙のない連続攻撃に、圧倒されるハンターの額に汗がにじむ。気を取り直し、走り出したハンターに、翼を大きく羽ばたかせ、息を吸う火竜の口から燃え盛る炎が顔を覗かせる。次の瞬間、勢いよく吐き出された業火球は、一直線にハンターに向かい飛んで行く!その直線的な攻撃に身体の向きを変え、火球をすり抜けるようにかわし、回り込む様に走り出したハンターの後方で、燃え盛る火球は地面に激しくぶつかる!その衝撃に地面の砕け散った岩と同時に火花が周りに飛び散ってゆく。視界をさえぎる大量の火花をかわしながら走るハンターの視界に、空中に飛ぶ鋭い爪を持つ脚が姿を現す。その脚に向かいハンターは、渾身の一撃を放つ!その凄まじい衝撃に耐え切れず、体勢を崩した空の王者は、落下し、地面に激しく叩き付けられる!横倒れになった巨体の傍らを通り過ぎ、頭部に狙いを付けたハンターは、手にした武器を一気に振り下ろす!叩きつけられた衝撃に耐え、立ち上がる火竜は、怒りの咆哮を上げる!それよりも速く距離を取って走り出していたハンターに、怒りの業火球が勢いよく吐き出される!古代樹の豊かな自然が広がる森の高所で、生死を賭けたハンターの激しい死闘が幕を開ける

角竜ディアブロス#17

荒地の砂漠。いくつかの大きな穴が開き、外の光が差し込める下層に広がる砂地帯。その地をゆっくりと歩き回る二本の大きな角を持つ角竜は、大きな身体を持ち全身を乾燥した硬い甲殻が覆う。その様子を草むらに身を潜め待ち伏せていたハンターの傍らを、大きな脚は音を立て通り過ぎてゆく。その後ろ向きになった姿に、勢いよく草むらから飛び出したハンターは、大きな股の下を潜り抜け、見えてきた顎を目掛けて、武器の矛先を叩きつける!その突然の衝撃に大きな両脚は後方に跳躍する。地面に着地すると同時に目の前に現れた侵入者に凄まじい咆哮を上げる!ハンターは間合いを取る為、走り出すが、広範囲に放たれる高鳴り声に逃げられるはずもない。怯むハンターを横目に回り込む様に歩き出した角竜は、止まると同時に方向転換すると、ハンター目掛けて、立派な二本の角を突き上げる様に突進する!その突き上げをまともに喰らい、ハンターの身体は全身の痛みと共に宙を舞い、砂地に落下する!地面とぶつかる衝撃に砂が空中に舞い上がる。身体の体勢が不安定なまま落下したハンターは、受け身を取ることが出来ず、ぶつかる衝撃をまともに受け、痛みに耐えながらゆっくりと起き上がる。だが、起き上がったハンターの視界に、角竜の姿が見当たらない!次の瞬間、砂地の地面が地響きを立て盛り上がりながら、ハンターに向かって猛突進を始め、ハンターの手前で、砂の中から二本の大きな角が、勢いよく飛び出してきた!その大きな角に、とっさに跳躍した身体を寝そべるように回避したハンターは間一髪で、その攻撃を逃れる。再び立ち上がり、角が飛び出して来た方角を横目で確認すると、方向転換した角竜がこちらに向かって猛突進を始める姿が目に入ってきた!まだ距離はあるが、走ったとしてもハンターの脚では、いずれ追いつかれてしまう!周りを見渡すと近くに巨大な岩があった。イチかバチかで走り出したハンターは巨大な岩を目指す!だが、両者の距離はどんどん縮まってゆく!巨大な岩を目の前に、大きな角がハンターの背後まで迫る!次の瞬間、角が触れる寸前で砂に飛び込む様に回避したハンターの傍らで、速度を制御できない程勢いづいた大きな角は、目の前の巨大な岩に激しい音を立て、勢いよく突き刺さる!立ち上がったハンターの傍らで、刺さった角を必死抜こうと、力強くもがく角竜の姿があった。それを視界に、武器を手に、傍らで、もがく立派な角に向けて、ハンターは、渾身の一撃を放つ!刺さった角は、傍らで放たれた凄まじい衝撃に、勢いよく吹き飛んでいく!この好機に、もう一本にも狙いを付けるハンターだったが、角竜の、角を引き抜こうとする必死の身動きに耐え切れず、巨大な岩は大きな音を立てながら崩壊する。角を一本折られた角竜の瞳は、目の前にいる侵入者をジロりと見下ろす。武器を持ち直し、傍らの巨体を見上げるハンターに、角竜は、怒りの高鳴り声を上げる!傍らで放たれた激しい咆哮に、又しても捕まってしまったハンターは、怯む視界に、砂の地面に勢いよく潜っていく角竜の姿を目撃してしまう。荒地の下層に広がる開けた砂地で、地面の下から侵入者を狙う、角竜の猛反撃が始まろうとしていた!