【モンハンワールド】ブログ小説⑰

上位リオレウス#36

古代樹の聳え立つ高所。大空の見渡せる開けた陸地に、夫婦で暮らす火竜は、巣を作り寄り添う。その姿を、茂みに隠れるハンターは、息を凝らし様子を覗う。しばらくすると、緑色の甲殻を持つ火竜は、大きく翼を広げ、青い空へと羽ばたいてゆく。大きく羽ばたく風圧は、周りの木々を揺らし、茂みに隠れるハンターの防具の隙間をすり抜けてゆく。餌を求め、飛び去っていく姿を見つめる火竜は、赤い甲殻に身を包み、大きな翼を休める。その姿を目にしたハンターは、茂みから勢いよく飛び出してゆく。背後から聴こえてくる物音に振り向いた火竜は、視界の先に現れた侵入者に対し、咆哮を上げる!咆哮の範囲外まで走り抜いたハンターは、身体を翻し、火竜へと走り出す!近づいて来るハンターに対し、身体をのけ反らせた火竜の口から燃え盛る炎が顔を出す。次の瞬間、勢いよく吐き出された燃え盛る火球は、急速にハンターへと近づいてくる。目の前に迫る火球に、真横に転がり、傍らを通り過ぎた先で火球は、地面とぶつかると爆発を起こし火花を散らせる。身体を起こし、視界を戻すと、そこには、大空へと羽ばたいた空の王者が、勢いよく飛びかかってくる姿が目に映る。とっさに転がった身体の傍らを、毒を持つ力強い爪が勢いよく通り過ぎてゆく。互いに振り返る姿に、円を描くように走り出したハンターを見下ろす火竜は、前方に薙ぎ払う様に炎を吐き出す!その炎の外側を回り込む様に走るハンターは、飛んでくる火花と暑さに耐えながら走り抜けた先で、空中を羽ばたく火竜の脚爪を視界に捕らえる。素早く構えられた武器は勢いよく振り切られ、矛先は脚爪を捕らえ、羽ばたく身体は、よろめきを見せる。体勢を崩す羽ばたきに向け、放たれたもう一撃は、大きな翼の片翼を突き上げる様に叩き込まれ、維持できなくなった羽ばたきに、落下する身体は地面に激しく叩き付けられる。この好機に正面へと回り込んだハンターは、頭部に向けて矛先を力強く振り下ろす!だがそれは、背後から吹き荒れる強烈な風圧に阻まれてしまう。吹き荒れる風圧に体勢を崩しながら、振り返るハンターの視界に、緑色に染まる羽ばたきが、力強く着地する。傍らに立つ緑色の頭部を見上げ、額に汗をにじませる。体勢を立て直し、起き上がった火竜と、ハンターを見下ろす緑色の頭部は、同時に激しい咆哮を上げる!古代樹の聳え立つ高所。大空に響き渡った夫婦の咆哮は、傍らに立つハンターを硬直させる。侵入者を見下ろす二頭の、息の合ったコンビネーションが始まろうとしていた。

上位ディアブロス#37

荒地の砂漠。斜面を滑り降りた先にぽっかりと口を開ける洞窟は、同じ様な穴をいくつか開ける。上層から荒地の砂が風に乗り、運ばれて来ては、堆積していく。そうして出来あがった洞窟内の砂漠には、薄暗い中、閃光羽虫があちらこちらで飛び回る。その地を好む立派な二本角を持つ角竜は、大きな脚で砂地を踏み歩く。その後ろ姿に忍び寄るハンターは、武器を手に、大きな股の下から見上げた先にある腹部目掛けて勢いよく矛先を叩きつける!乾燥した硬い甲殻に身を包む中、唯一柔らかい腹部に届いた矛先に、後方に跳躍した角竜は、見下ろした先に回り込む様に走り出すハンターに向けて高鳴り声を上げようとする!だがそれよりも早く、突き上げる様に勢いよく繰り出された矛先は、腹部を叩き上げる!柔らかい部位を襲う二度目の衝撃に、阻まれた咆哮は、うなり声へと変わる。のけ反る身体にもう一撃を振り下ろすが、体勢を立て直しながら、ゆっくりと進み始める硬い大脚を矛先がかすめ、通り過ぎてゆく。傍らで振り上げられた大きな脚に周りの砂が巻き上げられ、ハンターの視界をかすめる。目に入ってくる砂を片腕で覆いながら、薄っすらと見えてくる視界に、方向転換した二本の巨角が勢いよく迫って来る!砂煙に突き出された巨角は、地面に飛び込む様に跳躍した防具をかすめ、通り過ぎる。かすめられた防具に体勢を崩した身体は、地面を転がり砂煙が舞う。立ち上がる視界に振り下ろされた頑丈な尻尾は、舞い上がる砂を斬り、力強く叩き付けられる!考える間もなく弾き飛ばされた身体は、宙を舞うと共に激しい痛みが全身を襲い、落ちた先の地面を転がる。全身に走る激痛と朦朧とする意識の中、立ち上がろうとするハンターの視界の先で狙いを付けた巨角が猛突進を始める。やっとの事で、取り戻せた意識に、迫ってくる狙いを付けた猛突進。かわそうとした所で、詰め寄られた巨体と、狙いを付けた猛突進を回避できるだけの距離を取れる様な状況ではない。このままでは、確実に突き飛ばされてしまう。命の保障のない状況に、恐怖し、汗がにじむ。焦りながら周りを見渡した薄暗い視界に、閃光羽虫が飛び回る。それを目にし、ハンターは、ある事を思いつく。あれを試してみるか、いや、あの方法しか残されていない!迫りくる突進を視界に捕らえながら、走り出したハンターは、近くで飛んでいた閃光羽虫に触れると同時に目を閉じる。触れた手先を中心に薄暗い洞窟が一瞬にして激しい閃光に包まれる!ハンターを追っていた瞳は、目の前で放たれた激しい閃光に視界を奪われ、コントロールを失った巨体の大きな脚は絡み合い、巨角は前のめりに倒れながら地面をえぐり滑り、大量の砂粒を巻き上げながらハンターの傍らを滑り抜けてゆく。傍らを通り過ぎてゆく轟音と砂粒が肌に当たる感触の後、ゆっくりと目を開けた視界に、横倒れ、もがく巨体が映し出されてゆく。武器を手に、走り出したハンターは、もがく頭部に向かって武器の矛先を勢いよく叩き下ろす!その凄まじい衝撃をまともに受けた片角は勢いよく吹き飛ばされ、叩き抜けた矛先が、地面の砂を舞い上げる。武器を持ち直し、戻し見た視界に、立ちはだかる様に立つ巨体に付く瞳は、片角を折り飛ばしたハンターを見下ろし、激しい高鳴り声を上げる!洞窟へ風が運んできた砂が堆積して出来た下層の砂漠。薄暗い洞窟の中、片角を折られた角竜の、怒りの猛攻撃が始まる!

【モンハンワールド】ブログ小説⑯

上位レイギエナ#34

陸珊瑚の台地。高所に暮らす飛竜は、美しい翼を大きく広げ、大空を見渡せる開けた陸地へと降りてくる。大きな羽ばたきに、砕かれたように細かい珊瑚の砂粒が舞い上がり、降り立った台地を鋭いかぎ爪が、踏み歩く。海藻の様な草陰から飛び出したハンターは、武器を手に、勢いよく走り出す!珊瑚の砂を蹴り、近づいて来る足音を聴き、振り向く頭部に、力強く矛先を振り下ろす!だが、その一振りは、後方に跳躍した頭部をかすめ、武器の矛先は地面を叩きつけ、珊瑚の砂を舞い上げる。鋭い眼光がその姿を捕らえ、激しい咆哮を放つ!高鳴り声は珊瑚の台地に響き渡り、正面に立つよろめく姿に、跳躍した身体は空中で回転を始め、勢いよく突進する!加速する鋭いくちばしは、ハンターの身体を貫き飛ばし、通り過ぎた先で氷の結晶を散りばめながら、美しい翼を大きく広げ、羽ばたく。身体を貫く衝撃の後、空中へ弾き飛ばされた身体は、後方の地面を転がり、珊瑚の砂を舞い上げながら止まる。痛む身体を支えながら起き上がる視界に、翼を畳み空中で身体を回転させながら迫る風漂竜の姿が映る。すぐさま真横に転がった身体の傍らを、急加速した回転する身体が通り過ぎ、冷たい風が防具の隙間を吹き抜けてゆく。身体を翻し、通り過ぎた視界の先で、大きく羽ばたく風漂竜に向かい走り出したハンターを、鋭く見下ろす風漂竜は翼を大きく広げ、深呼吸すると身体に覆う氷の結晶を急激に成長させる。急激に成長した氷の結晶に、周りの空気は急激に冷え、ハンターの吐く息は白く染まる。大きく広げた翼は、勢いよく羽ばたくと同時に身体に付く氷の結晶を飛ばす。巻き起こった激しい風圧に急激に冷やされた地面は、一瞬にして凍り付いてしまう。異変を感じ、避ける様に転がるハンターを寸前で捕らえた凍り付く地面は、接触する脚具を凍り付かせる。凍り付いた脚具に急激に体温を奪われ、身体を震わせながらも、力強く走り出したハンターは、ついばむ鋭いくちばしをかわし、手にした武器を勢いよく振り切る!振り切られた矛先は鋭い爪を叩き抜け、その衝撃によろめいた身体は、着地すると同時に体勢を立て直す。武器を持ち直し、走り出したハンターを傍らで見つめる風漂竜は、力強く地面を蹴ると勢いよく宙返りし、視線の先にいるハンター目掛けて長く、しなやかな尻尾を勢いよく叩きつける!目の前に迫る勢いづいた尻尾に、寒さに耐えながら、地面に飛び込む様に回避したハンターの傍らに叩き付けられた地面は、えぐられた状態のまま一瞬にして凍り付く。振り返るハンターの視界に現れた、凍り付いた地面のオブジェクトは、叩き付けられた尻尾、その威力を証明する。地面に叩き付けた反動を利用し、宙返りした身体は、また元の位置へと着地する。珊瑚の砂が堆積する、大空を見渡せる開けた台地。風漂竜へと向き合うハンターは、武器を握り締め、また走り出す!周りの空気が急激に冷やされる中、ハンターの頬を一滴の汗が流れ落ちる。

上位オドガロン#35

瘴気漂う奈落の底。死体をくわえた地獄の番犬は、薄暗い開けた場所を抜け、自分の寝床へと戻ってゆく。様々な骨が重なり合う狭い通路。その奥にある開けた場所は、あちこちに地獄の番犬の食べ終えた後に残る骨が散乱している。その場所へ足を踏み入れたハンターは、大きな死体を食べる惨爪竜の後ろ姿を目にし、走り出す!薄暗い中、地面に転がる骨を踏み走り、食事に夢中になる後ろ姿の傍らを通り過ぎると血塗られた様に赤く染まる頭部が顔を出す。握りしめた武器を頭部目掛けて勢いよく叩きつける!矛先は頭部を力強く叩き付けた後、地面にぶつかりると砕かれた骨達が周りに飛び散ってゆく。頭部を走る痛みに食事を止め、ゆっくりと頭を持ち上げる惨爪竜は、武器を腰に掛け、距離を取ってゆく邪魔者を見つけ、咆哮を上げる!寝床で放たれた雄叫びは食べ残った骨達を震わせる。ビリビリと伝わってくる音を肌で感じながら、何とか範囲外まで逃げ切ったハンターは、振り返った先に立つ惨爪竜の姿を目にし、驚く。血塗られた様に赤く染まった身体は、背中から頭部にかけて、赤々とした発光し膨張している。今までに見た事のない恐ろしい姿に、思わず息を呑む。回り込む様に駆け寄って来た惨爪竜は、二層に分かれる鋭く研ぎ澄まされた爪で、勢いよく引き裂いてくる!この爪で引き裂かれると、二層に分かれる爪は身体に深い傷を残し、流れ出る血が止まらなくなってしまう。その状態のまま闘うのは非常に危険だ。引き裂いてくる爪に対し、すぐさま回避行動をとるハンターは、鋭く尖る爪を寸前でかわし、転がった身体は、傍らに見える脇腹に矛先を振り切る!だが、転がった身体を目で追っていた地獄の番犬は、それよりも早く薙ぎ払う様に、力強く嚙み付く!勢いよく噛み付かれた片腕を、不規則に並ぶ鋭い牙が防具を突き抜け、血が流れ出す。そのまま身体ごと投げ飛ばされた身体は片腕の激痛と共に宙を舞い、落ちた先の地面で、ばら撒かれた骨をまき散らしながら地面を転がる。血の流れ出す片腕をかばいながら、起き上がるハンターの視界に、壁をよじ登った惨爪竜が飛びかかってくる姿が映し出される。急降下する様に覆いかぶさってくる姿に、とっさに真横に転がった身体の傍らを通り過ぎ、着地した惨爪竜を、横目で確認するハンターの視界に、また壁をよじ登り、急降下する様に飛びかかってくる惨爪竜の姿が目に映る。すぐさま地面を転がり、寸前で回避したハンターの真横に着地した惨爪竜は、鋭い牙をむき出しにし、薙ぎ払う様に豪快に噛み付いてくる!その姿に、目の前に見える骨の散らばる地面に飛び込む様に跳躍した身体を守る防具を、勢いよく噛み付いてきた牙は、かすめながら、大きく振り上がってゆく。飛び込んだ地面の骨を散らばらせながら、立ち上がるハンターを見下ろす様に傍らに立つ地獄の番犬は、二層に分かれる鋭い爪を振り下ろす!瘴気の谷。奈落の底に広がる、食べ終えた後に残された骨が、あちこちに散らばる番犬の寝床。次々と繰り出されてゆく、全く隙の無い猛攻撃に、ハンターは急速に追い詰められてゆく。片腕の傷をかばいながら立ち上がるハンターの視界に背中を赤々と発光させる地獄の番犬の凄まじい一撃が振り下ろされる!