【モンハンワールド】ブログ小説⑯

上位レイギエナ#34

陸珊瑚の台地。高所に暮らす飛竜は、美しい翼を大きく広げ、大空を見渡せる開けた陸地へと降りてくる。大きな羽ばたきに、砕かれたように細かい珊瑚の砂粒が舞い上がり、降り立った台地を鋭いかぎ爪が、踏み歩く。海藻の様な草陰から飛び出したハンターは、武器を手に、勢いよく走り出す!珊瑚の砂を蹴り、近づいて来る足音を聴き、振り向く頭部に、力強く矛先を振り下ろす!だが、その一振りは、後方に跳躍した頭部をかすめ、武器の矛先は地面を叩きつけ、珊瑚の砂を舞い上げる。鋭い眼光がその姿を捕らえ、激しい咆哮を放つ!高鳴り声は珊瑚の台地に響き渡り、正面に立つよろめく姿に、跳躍した身体は空中で回転を始め、勢いよく突進する!加速する鋭いくちばしは、ハンターの身体を貫き飛ばし、通り過ぎた先で氷の結晶を散りばめながら、美しい翼を大きく広げ、羽ばたく。身体を貫く衝撃の後、空中へ弾き飛ばされた身体は、後方の地面を転がり、珊瑚の砂を舞い上げながら止まる。痛む身体を支えながら起き上がる視界に、翼を畳み空中で身体を回転させながら迫る風漂竜の姿が映る。すぐさま真横に転がった身体の傍らを、急加速した回転する身体が通り過ぎ、冷たい風が防具の隙間を吹き抜けてゆく。身体を翻し、通り過ぎた視界の先で、大きく羽ばたく風漂竜に向かい走り出したハンターを、鋭く見下ろす風漂竜は翼を大きく広げ、深呼吸すると身体に覆う氷の結晶を急激に成長させる。急激に成長した氷の結晶に、周りの空気は急激に冷え、ハンターの吐く息は白く染まる。大きく広げた翼は、勢いよく羽ばたくと同時に身体に付く氷の結晶を飛ばす。巻き起こった激しい風圧に急激に冷やされた地面は、一瞬にして凍り付いてしまう。異変を感じ、避ける様に転がるハンターを寸前で捕らえた凍り付く地面は、接触する脚具を凍り付かせる。凍り付いた脚具に急激に体温を奪われ、身体を震わせながらも、力強く走り出したハンターは、ついばむ鋭いくちばしをかわし、手にした武器を勢いよく振り切る!振り切られた矛先は鋭い爪を叩き抜け、その衝撃によろめいた身体は、着地すると同時に体勢を立て直す。武器を持ち直し、走り出したハンターを傍らで見つめる風漂竜は、力強く地面を蹴ると勢いよく宙返りし、視線の先にいるハンター目掛けて長く、しなやかな尻尾を勢いよく叩きつける!目の前に迫る勢いづいた尻尾に、寒さに耐えながら、地面に飛び込む様に回避したハンターの傍らに叩き付けられた地面は、えぐられた状態のまま一瞬にして凍り付く。振り返るハンターの視界に現れた、凍り付いた地面のオブジェクトは、叩き付けられた尻尾、その威力を証明する。地面に叩き付けた反動を利用し、宙返りした身体は、また元の位置へと着地する。珊瑚の砂が堆積する、大空を見渡せる開けた台地。風漂竜へと向き合うハンターは、武器を握り締め、また走り出す!周りの空気が急激に冷やされる中、ハンターの頬を一滴の汗が流れ落ちる。

上位オドガロン#35

瘴気漂う奈落の底。死体をくわえた地獄の番犬は、薄暗い開けた場所を抜け、自分の寝床へと戻ってゆく。様々な骨が重なり合う狭い通路。その奥にある開けた場所は、あちこちに地獄の番犬の食べ終えた後に残る骨が散乱している。その場所へ足を踏み入れたハンターは、大きな死体を食べる惨爪竜の後ろ姿を目にし、走り出す!薄暗い中、地面に転がる骨を踏み走り、食事に夢中になる後ろ姿の傍らを通り過ぎると血塗られた様に赤く染まる頭部が顔を出す。握りしめた武器を頭部目掛けて勢いよく叩きつける!矛先は頭部を力強く叩き付けた後、地面にぶつかりると砕かれた骨達が周りに飛び散ってゆく。頭部を走る痛みに食事を止め、ゆっくりと頭を持ち上げる惨爪竜は、武器を腰に掛け、距離を取ってゆく邪魔者を見つけ、咆哮を上げる!寝床で放たれた雄叫びは食べ残った骨達を震わせる。ビリビリと伝わってくる音を肌で感じながら、何とか範囲外まで逃げ切ったハンターは、振り返った先に立つ惨爪竜の姿を目にし、驚く。血塗られた様に赤く染まった身体は、背中から頭部にかけて、赤々とした発光し膨張している。今までに見た事のない恐ろしい姿に、思わず息を呑む。回り込む様に駆け寄って来た惨爪竜は、二層に分かれる鋭く研ぎ澄まされた爪で、勢いよく引き裂いてくる!この爪で引き裂かれると、二層に分かれる爪は身体に深い傷を残し、流れ出る血が止まらなくなってしまう。その状態のまま闘うのは非常に危険だ。引き裂いてくる爪に対し、すぐさま回避行動をとるハンターは、鋭く尖る爪を寸前でかわし、転がった身体は、傍らに見える脇腹に矛先を振り切る!だが、転がった身体を目で追っていた地獄の番犬は、それよりも早く薙ぎ払う様に、力強く嚙み付く!勢いよく噛み付かれた片腕を、不規則に並ぶ鋭い牙が防具を突き抜け、血が流れ出す。そのまま身体ごと投げ飛ばされた身体は片腕の激痛と共に宙を舞い、落ちた先の地面で、ばら撒かれた骨をまき散らしながら地面を転がる。血の流れ出す片腕をかばいながら、起き上がるハンターの視界に、壁をよじ登った惨爪竜が飛びかかってくる姿が映し出される。急降下する様に覆いかぶさってくる姿に、とっさに真横に転がった身体の傍らを通り過ぎ、着地した惨爪竜を、横目で確認するハンターの視界に、また壁をよじ登り、急降下する様に飛びかかってくる惨爪竜の姿が目に映る。すぐさま地面を転がり、寸前で回避したハンターの真横に着地した惨爪竜は、鋭い牙をむき出しにし、薙ぎ払う様に豪快に噛み付いてくる!その姿に、目の前に見える骨の散らばる地面に飛び込む様に跳躍した身体を守る防具を、勢いよく噛み付いてきた牙は、かすめながら、大きく振り上がってゆく。飛び込んだ地面の骨を散らばらせながら、立ち上がるハンターを見下ろす様に傍らに立つ地獄の番犬は、二層に分かれる鋭い爪を振り下ろす!瘴気の谷。奈落の底に広がる、食べ終えた後に残された骨が、あちこちに散らばる番犬の寝床。次々と繰り出されてゆく、全く隙の無い猛攻撃に、ハンターは急速に追い詰められてゆく。片腕の傷をかばいながら立ち上がるハンターの視界に背中を赤々と発光させる地獄の番犬の凄まじい一撃が振り下ろされる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です